国 際 交 流 事 業
  




 
   当協会はJICA(独立行政法人)と協力のもと、中国をはじめ近隣諸国との交流を図っております。以下に、 最近の主な活動をお知らせします。


1) 青年研修事業



   平成22年度中国の「行政管理」を担当する研修生18名を受け入れ、厚生労働省、早稲田大学、NHK放送センターや東村山市の老人ホーム視察。地方研修と して横浜市を訪問。JICAの横浜センターで日本青年との交流をしました。


2) JICAの草の根技術支援事業



   平成22年度から中国寧夏紅寺堡地区で、飼料桑栽培モデル農場建設及び研修を実施しています。この事業は乾燥地である寧夏において乾燥に強い桑を植林し、 飼料の一部として羊を飼育するもので、桑の育苗事業が間に合わなかったり、世界の穀物価格上昇に伴う桑の作付面 積縮小などの障害がありましたが、従来の一般農民対象から羊や牛の 育成農家対象に転換したところ事業は好転しました。

   現在銀川市に桑飼料調整センター、固原、霊武市、紅寺堡の3ヶ所に桑飼料化調整ステーションを設けて正式な運転に入っています。


3) 中国における植林事業



   北京や西安において植林事業を実施しております。植えつける植物は、現地の気候や風土に適した柏、ニセアカシア、ハゼなどです。

   黒竜江省の富裕県における植林は、黒竜江最大の支流である嫩江の流域の防砂固砂モデル林で、平成22年の8月には当協会の国際交流委員会は15名の訪問団 を組織し、共同植林を実施しました。


home